蹴球人noコメント

アクセスカウンタ

zoom RSS 「タフゲーム」制し勝ち点3−第13節 FC東京vs名古屋グランパスエイト−

<<   作成日時 : 2007/05/26 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

味の素スタジアムで行われた
名古屋グランパスエイトのアウェーゲーム、FC東京戦は、
15時キックオフ。

暑さとの戦いだった。

後半の早い時間帯に
杉本のみならず、ジョンウまでもが足を攣り、
消耗戦となったが、
最後までゴールを割らせず、
前半のヨンセンによる虎の子の1点を守りきることに成功。

見事勝ち点「3」を勝ち取った



セフ監督は、
この日も4−4−2システムを採用。

FC東京は4−2−3−1システムで臨んできた。

前半、両チーム共に横パスのミスが目立ち
なかなかリズムをつかめない。

しかし、FC東京は外国人3人+梶山と
ボランチ以下の距離が開き、
中盤にスペースが多い。

そこを上手くついた本田からのスルーパスを
ヨンセンが左足一閃!

サイドからのゴールが多いセフ名古屋には
珍しい中央からのゴールが生まれる。

この他にも、前半は本田を中心に中央突破を狙うシーンが
目に付いた。

本田とジョンウのワンツーからゴールに迫ったり、
本田→ヨンセン→杉本→本田と渡り、
シュートまでもっていったりと良い流れを生み出していた。

しかし後半、FC東京も
ワンチョペに代えて石川を
さらに福西に代えて赤嶺を投入すると
攻撃がぶ厚さを増す。

相手が2トップとなったことで
グランパスも3バックに変更し、耐える。

何度か危ないシーンはあったものの、
見事シャットアウト。

右アウトに、なぜ竹内?という意図不明の選択もあったが
全選手が自分の役割を認識し、
慌てず対応した結果だろう。

選手も自信を取り戻したようだし、内容もまずまずの手ごたえ。

この勝利で、今後続く強豪との戦いに向けて
弾みとなることは間違いない。

先ずは次週、川崎F戦。
今シーズントヨスタは2連敗だが、
ホームなので今度こそきっちり勝ってもらいたい。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グランパスvsFC東京(第13節)
グランパスはFC東京と試合を行い、1−0で勝つ事が出来たようです。 得点は本田のアシストでヨンセンが決め、これで2試合連続で得点を決めてくれたのでこのまま調子を上げていって欲しいと思う。 ...続きを見る
トヨタファン
2007/05/27 00:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「タフゲーム」制し勝ち点3−第13節 FC東京vs名古屋グランパスエイト− 蹴球人noコメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる