蹴球人noコメント

アクセスカウンタ

zoom RSS 気迫とガムシャラさとチャレンジと。−第16節 名古屋グランパスエイトvs清水エスパルス−

<<   作成日時 : 2007/06/20 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

数少ない平日ナイターのリーグ戦。

清水エスパルスを瑞穂に迎えてのこの1戦は、
前半に、選手が集中出来ていないような、
試合に入りきれていないような戦いで2失点。

後半終盤に盛り返すも届かず痛い敗戦を喫した。




前半終了と共にサポ席からは大ブーイング。

…それも当然の内容だった。




立ち上がりはそれほど悪くはなかった。

俊哉もゴール近くで絡み、100ゴール達成か?
と思えるような場面も創出。

ゴールの予感があった。

ところが兵働に目の覚めるようなミドルを決められ
おかしくなる。

ここから、清水はまず守備からという形で自陣に引いて
守るようになったからだ。

グラは対応策を見出せず、
バイタルエリアまでボールを運ぶことなくバックパスばかり。

ボールを大事にする。
といえば聞こえは良いが、
ポゼッションを取っているだけで、
どこで仕掛けるのかが全く見えない状態。

全員がチャレンジをせず、
責任回避にも見えるパスのオンパレード。

前半のウチに縦パスから矢島に追加点を獲られ、
試合は決まってしまった。




ただし、後半は少し持ち直した。

津田、片山を入れたあたりから、
清水のDFにも綻びが見られるようになり、
左サイドに入った片山の積極的な仕掛けと
津田のシンプルでガムシャラなプレー。

特に1点を返した後は、
気持ちの入った戦いを見せ、
同点の可能性を感じさせた。




夏の暑い季節の連戦。
コンディショニングは厳しいがそれは相手も同じ条件。

全員が「勝つ!」という気持ちで戦えば、
前半の失態はなかったと思う。




そして、チャレンジすること。

片山は失敗も多いが、
それは積極的に仕掛けての失敗だから納得できる。
応援したくなる。

対して、
グラの中盤スタメンはローリスクの選択が多すぎる。

・ドリブルで仕掛ける。
・勝負のパスを出す。
・スペースへ走りこみボールを呼び込む。

無駄走りも時には必要だ。
清水の1点目、兵働のゴール時には、
3人の選手が走りこむことでスペースを作り出したことを
見れば良く分かる。




次は鬼門のカシマで鹿島戦。

勝つことは難しいが気迫の戦いを見せて欲しい。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気迫とガムシャラさとチャレンジと。−第16節 名古屋グランパスエイトvs清水エスパルス− 蹴球人noコメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる