蹴球人noコメント

アクセスカウンタ

zoom RSS 力の差。−第15節 ガンバ大阪vs名古屋グランパスエイト−

<<   作成日時 : 2007/06/18 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

首位を独走し始めたガンバ大阪を
なんとか破って欲しいと思い、
駆けつけた万博競技場だったが…

「現実」を知らされた。



天気予報がころころと変わり
予想外の好天と暑さに見舞われたこの日。

試合は前半に増川の一撃で先制し、折り返すも
後半に失速。
3失点の完敗だった。



ガンバは前半にじれったい展開となっても
最終的には崩せると自信をもっている。

それ故、バイタルエリアでもグラのプレスを
落ち着いてかわし、押し上げ、
ぶ厚い攻撃を仕掛けられる。

その攻撃も皆が意図を同じくしており、
オートマティズムが感じられた。

対してグラの攻撃はFWとMF、MFとDFの間が開き
攻撃は単発が多く、第2波、第3波が出来ない。

また、場当たり的な攻撃が多いのも強く感じた。


そして、ベンチの層の厚さとポリバレント能力の高さの差。

マグノ・アウベスがダメでも播戸がいる、
遠藤はボランチ、橋本は左サイドバックでも
元のポジション並の高レベルのプレーをこなす。

など、グラにはない「力」を見せる西野采配。

おそらく現時点では、左サイドバックは
安田より橋本の方が上で、
チームとしては後半の形の方が安定感がある。

けれども、先々のことを考えて安田を起用している、
そんな風に感じた。



試合展開によって戦い方を変える、
自らの形を崩すのではなく、
それでいて相手に対応したサッカーをする。

G大阪の、
深みのあるサッカーに
上手くしてやられた。



試合結果は、
単にグラが良かった悪かったの話しではなく、
力の差が出たものだった。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガンバ大阪 3-1 名古屋グランパス
◆2007現地観戦 通算33試合目 G大阪 vs 名古屋グランパス 万博行ってきました。今まで好調の麻也に変わり今日は増川が入って の布陣。前半4分にいきなりガンバに決定機を作られときはちょっと不安 もあったのですが、7分に本田のCKからの混戦から増川が押し込んで、 先制。その後も攻め込まれることはあるものの、最後きっちりと押さえ、 ボールポゼッションをし、うまく時間を使いながら、戦うことが出来ていたと 思いました。前半のガンバはあまりよくなかったように思いました。 しかし、後半開... ...続きを見る
前線へ。その先へ。グランパスブログ200...
2007/06/18 23:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
力の差。−第15節 ガンバ大阪vs名古屋グランパスエイト− 蹴球人noコメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる