蹴球人noコメント

アクセスカウンタ

zoom RSS 生みの苦しみ−第10節 ジュビロ磐田vs名古屋グランパス−

<<   作成日時 : 2007/05/07 19:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

GWに入り2連敗。
あっという間に7位に転落して迎えた
昨日の東海ダービー、ジュビロ戦。
またしてもゴールは遠く、0−1の敗戦を喫してしまった。

上位陣も足踏みしているとはいえ、
これで勝率5割、
9位に落ち込んでしまうことに…

今後行われる上位との対戦に暗雲が立ち込めてきた。


この試合、ジュビロ磐田は、
前節、清水エスパルスとの静岡ダービーで敗れており、
ホームで行われるグラとの対戦には、
負けることが許されない状況。

グラは前節スタメンからはずした、
慶、直志、米山が復帰し、
怪我の増川以外は
(右足 大腿二頭筋 肉離れ 全治 約3週間とのこと)
基本フォーメーションに戻して臨む。

昨日は私も雨の中、サッカーの試合をこなし
疲労困ぱいだったし
前半途中からのスカパー観戦だったため
詳しくは分からない…が、

もどかしい試合だった。

ボールは保持しているものの、
ゴールを陥れようとする動きに乏しい。

ジュビロも前線のプレッシャーは緩くし、
後ろでは回させていたが
バイタルエリアでは仕事をさせてもらえない
展開が続く。

結局、最多出場記録を達成し、
古巣相手に気合の入っていた(はずの)俊哉が、
軽いプレーをしてしまって、大田→カレンとつながり
後半17分に失点し敗北。

この試合も得点力不足の課題を克服することは
出来なかった。


しかし、試合内容は昨年と比べると波がなく
安定感は感じられるのが救いか。

結果は出ていなくても実力は確実についている
と思う。

ここから次のステップには、

ゴールを奪う方法論。
リスクを恐れないチャレンジ。

等々が必要になる。

現在の延長上に「それ」があるのか?
それとも違うアプローチを試みる必要があるのか?

自信を失うことはない。

セフを信じ、自らを信じてグラのサッカーを
貫いて欲しい。

これからが正念場だ!

(自分自身に言い聞かせている部分もあるけれどね)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グランパスvsジュビロ磐田(第10節)
グランパスはジュビロと試合を行い、0−1で負けてしまいこれで3連敗となりました。 今回から楢崎が戻ってきたので守備は安定していたようだが、攻撃のほうもチャンスはあったようだが決定力不足で結局得点が決めれず負けてしまいました。 ...続きを見る
トヨタファン
2007/05/10 23:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ジュビロとの試合は内容的には良かったので、次の試合に期待できるかと思ったのですが、ナビスコの鹿島戦は酷い内容の負け方でした。
今週の試合に響かなければ良いのですが・・・
mirupon
2007/05/11 00:03
>miruponさん
鹿島戦にはがっかりですね。
なんかあっという間に4失点してしまって…
DFラインの裏を簡単にとられ過ぎだし、セットプレーの守備の問題もより鮮明になった感じです。
本田によると「自信を失ったプレーが多くなってきた」そうで、自信回復のためにもマリノス戦勝利が必要な状況です。
全員が本田のように強い気持ちを前面に出して戦ってくれれば、そう簡単に崩れるはずないのにね。
「オーラで守る」(本田)。
確かに言えるかも…
踏ん張り所ですね。
ひでろう
2007/05/11 19:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
生みの苦しみ−第10節 ジュビロ磐田vs名古屋グランパス− 蹴球人noコメント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる